老朽化した屋根

大きな屋根と桜の木

ある日、家の中で雨漏りが発生しているのを発見したとします。
この雨漏りは一体どうやって起こるのでしょうか。
元を辿って行くと、おもにその侵入経路は屋根やベランダなど屋外に面しているところからなわけですが、そこから天井に至るまでの間に様々な家の内部を濡らして来ています。
これをこのまま放置しておくと、家がどんどん傷んで強度を失ってしまいます。日本は地震大国ですから、そうした強度の失われた家に住んでいると、地震が起きた時に全く取り返しの付かない自体が起きてしまう可能性が高くなってしまいます。
雨漏りが屋内で発見された時には、もはや家の内部構造が水分の吸収の限界に来ているというわけですから、かなり家の劣化は進んでいると考えられます。
そのような最悪の事態を迎える前に、屋根工事で瓦を直して、雨漏りを防ぐようにしましょう。

雨漏りの原因となるのは、主に屋根瓦の劣化です。
屋根には瓦が敷かれていますが、その下には下地となる板や防水シートなどが重ねられています。
瓦の役目は、屋根が受けた雨水を下に流してたまらないようにしています。暴風雨などの際には、瓦の隙間から雨が入り込むことも有りますが、防水シートが引かれているため、下にある野地板まで雨が入り込むのを防止しています。
しかし、瓦が割れたりずれたりすると、直接防水シートが表面に出てしまい、劣化が早くなってしまいます。こうなると、防水力が低下して、雨水の侵入を許してしまうのです。防水シートが劣化してしまう前に屋根工事をして、再び防水シートを守ります。
また、棟瓦を支える棟土が劣化することによって棟瓦がずれると、雨の侵入はもちろんのこと、瓦そのものが落下することによる事故の発生にもつながります。
こうした場合には早急に屋根工事が必要になります。

屋根工事をする上で重要なのが、こうした雨漏りの原因をきちんと突き止めておくことです。
そうしなければ、せっかく屋根工事をしたのにまた雨漏りを再発してしまいかねません。
信頼できる業者にきちんと原因究明をしてもらって、確実な屋根工事を行ないましょう。